月別アーカイブ: 2016年4月

なわとびダイエット

ダイエットには様々な方法がありますが、特に最近はなわとびのダイエット効果が注目されています。縄跳びダイエットはウォーキングやジョギングと同じような有酸素運動です。体内に蓄積された脂肪を燃やす作用が、なわとびの有酸素運動で得られますし、筋肉を使う跳び方もあります。心肺機能の向上やストレス発散などダイエット以外の効果もたくさんあるようです。なわとびは体全体の脂肪を揺らしつつジャンプすることになるため、体全体の脂肪を効果的に減らすことができます。有酸素運動は30分以上続けることで脂肪を燃焼させるといいます。跳ぶペースは1分間に60回で、無理をしない程度に3分間、まずはなわとびを跳びます。合間に5分ずつの休憩を挟みつつ、3セットほど行って下さい。徐々に運動量を増やしてくといいでしょう。体力がついてきたら20分くらい続けて跳ぶようにしていけばダイエットの効果はアップします。ダイエットのためにと、なわとびのしすぎで体が故障しないように気をつけましょう。足首や膝にダメージがいかないよう、柔らかいところでとぶと楽にできます。縄跳びダイエットをする場合には、最初にウォーミングアップとして軽くジョギングなどで身体を温めおくと、よりダイエット効果が上がります。運動後の整理体操も大事です。なわとびが終わったら、足のマッサージやストレッチをしておきましょう。なわとびダイエットはどんな人にでも気軽にできる優れたダイエット方法ですので、ダイエット効果を得たい人にはおすすめです。

ミュゼ 札幌

8回ぐらい持ち上げられる重さ

器具を用いたダイエットで効率的な痩身を目指している人がいます。使い方も目的も多種多様なダイエット器具が作られていますが、その中でも注目されているのが無酸素運動ができる器具です。無酸素運動を効率的にできるダイエット器具といえばダンベルでしょう。リーズナブルで家の中にも置きやすく、筋トレのために持っていたい物です。その人その人にとってちょうどいい重さのダンベルを使いましょう。ダイエット目的なら20回くらい持ち上げられるもの、筋肉増強のためには8回ぐらい持ち上げられる重さのダンベルを選びます。どの程度の重さのダンベルにするかでも、ダイエット効果に影響を与えます。ダイエット器具の中には、腹筋をサポートするものもあります。適切な姿勢で腹筋をしないと、体を痛めてしまう場合があります。腹筋でのダイエット効果を効果をアップさせるには、姿勢を正す器具がいいでしょう。筋肉を効率的に鍛える方法として、EMSという筋肉を電波で刺激し強化するものもあります。ただし、あまり出力の高い電波はEMSには使えないため、なかなか効果が現れないこともあります。EMSはダイエットメインに使うのではなく、補助的な位置づけになります。ダイエットのために、器具を使って無酸素運動をするのはいい方法です。どんなやり方が自分に合うダイエットかを考えながら器具を選択しましょう。

タント 下取り相場